杜(MORI)の 四季だより

杜の都、仙台に事務所を構える弁護士法人杜協同の弁護士たちが綴るリレーエッセイ

自己紹介

 このたび、1年4ヶ月の司法修習を修了し、今年の9月に仙台弁護士会に登録しました。

 私は秋田出身なのですが、大学時代を過ごした仙台の地がすっかり気に入ってしまい、永住するなら仙台と決めていました。大学を卒業して約3年半が経ち、やっと仙台に戻って来られてとても嬉しいです。

 よく、「法曹は最初の10年が勝負」といわれます。司法研修所の教官や実務修習地の先輩方も口を揃えてそうおっしゃっていました。まだ弁護士になりたての私には当然よく分からないことなのですが、その言葉を信じて、分からないながらがむしゃらに頑張りたいと思っています。

 とは言うものの、ある程度の気分転換も必要なので、趣味の時間は大切にしたいと思っています。そこで私の趣味ですが、私はスポーツが大好きです。中でも今はサッカーに夢中です。サッカーをするのは当然好きなのですが、見るのも大好きなので、時間を作ってベガルタ仙台の試合を見に行こうと考えています。

 また、中学校の頃からやっているスノーボードには未だに夢中で、今から冬が待ち遠しいです。仙台からは、宮城蔵王えぼし、すみかわスノーパーク等の県内のゲレンデをはじめ、県外でも山形蔵王、ジャングルジャングル、安比等のゲレンデに比較的容易に行くことができるので、ウインタースポーツをする人にとってはとても魅力的な土地だと思います。私が仙台をとても気に入った理由の一つでもあります。

 他にもおいしい物や温泉など、仙台での生活は楽しみがいっぱいです。

 仕事をするときはがむしゃらに頑張るが、気分転換はしっかりと。可能な限りこのバランスを保って行けたらと思っています。よろしくお願いします。

 (弁護士 伊藤敬文)

広告を非表示にする