杜(MORI)の 四季だより

杜の都、仙台に事務所を構える弁護士法人杜協同の弁護士たちが綴るリレーエッセイ

もう1年、まだ1年

 昨年9月に弁護士登録をしてから、ちょうど1年が経ちました。この1年間は、今までの人生の中で一番早く感じられた1年間でした。弁護士登録して間もない時に、修習期が1期上の先輩と話すと皆さん立派な弁護士で、1年間経験を積むことでこんなにも立派になれるものかと驚き、自分も頑張らなくてはと思った記憶があります。それから時が経つにつれ仕事も忙しくなり、その時その時に担当している事件を一生懸命処理していたらもう1年が経ってしまいました。登録間もない頃に見た立派な弁護士に、私もなれているのか、と自問する毎日です。

 他方で、この1年間でそれなりに色々な事件を担当してきましたが、それでもまだ1年しか経っていないのかと思うと、何十年も弁護士をされている先輩方の経験やそれに付随する様々な考えなど、雲の上のように感じます。そんな先輩方と一緒に仕事ができることは大きな喜びです。

 ちょうど1年前のエッセイに「法曹は最初の10年が勝負」という言葉を書きました。残りの10分の9、後悔のないように過ごしたいと思います。

 (弁護士 伊藤敬文)

広告を非表示にする