読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杜(MORI)の 四季だより

杜の都、仙台に事務所を構える弁護士法人杜協同の弁護士たちが綴るリレーエッセイ

合格発表を迎えて2015-たおやかなコスモス

弁護士 佐藤 裕一

 今年は9月8日が司法試験の発表でした。33年前の自分の時と同じように、ドキドキしながら教え子たちの午後4時の発表を迎えました。
 合格した人、おめでとう。努力が報われましたね。藤間さん、大羽さん、中谷さん、大堀さん、横山さん、川路さん、加藤さん、澤戸さん、三上さん、太田さん、うれしい報告ありがとう。そして、ゼミで一緒に学んで合格した皆さん、本当におめでとう。今は思う存分喜びをかみしめて下さい。そして、これから法曹としての第一歩が始まるのです。未来は開かれています。
 落ちてしまった人、僕も落ちたときは悔しかった。最後の時は、これ以上何をやればいいのだろうと、頭を抱え込んでしまいました。深呼吸して、幾晩かぐっすりと眠って、体と心に力が甦ってくるのを待ちましょう。そして目標に向けて、再びゆっくりと歩き出しましょう。未来は開かれています。
 5年という期間制限を超えて落ちてしまった人、ご苦労様、よく頑張りましたね。あなたが法科大学院、そして卒業後に学んだこと、死にものぐるいで頑張ったことは、人生において大きな糧になることは間違いありません。社会の中でキラキラと輝いて活躍している先輩がいます。あなたの人生では、あなたが主人公なのです。やはり、未来は開かれています。
 東北大学法科大学院の今年の合格者は35名と残念な結果でしたが、試験にチャレンジした皆さんの人生は、これから未来に向けて自分で切り開いていくのだということを、しっかりと覚悟して下さい、たおやかな川辺のコスモスのように。
 私は、これからも、皆さんのことをいつでも応援しています。フレー!!フレー!

写真:北上川イギリス海岸付近のコスモス

f:id:morikyodo_lawoffice:20151005181004j:plain

(弁護士 佐藤裕一)