杜(MORI)の 四季だより

杜の都、仙台に事務所を構える弁護士法人杜協同の弁護士たちが綴るリレーエッセイ

夏の終わり

 8月も終わり9月の声をきくと、何となく秋が近づいてくるのを感じる。
 堀辰雄の「風立ちぬ、いざ生きめやも」ではないが、もう1年の半分以上が過ぎ、今年も残り3分の1かと思うと驚きと共に少し寂しさも覚える。
 それにしても今年の夏も暑かった。
 毎年8月は6日は広島、9日の長崎、そして15日の終戦の日、その前7月10日の仙台空襲のことなど想い出す。
 同時に8月は恒例の高校野球甲子園大会の月でもあり、今年はリオのオリンピックの影響で一寸影が薄くなった感はあるものの、7日から21日まで一喜一憂の日々であった。久しぶりに出場した宮城代表東北高校は1回戦で神奈川代表の横浜高校に敗れたのは残念であった。
 しかし私は、今年の優勝は横浜か大阪の履正社と予想していたので、結果はまあ仕方がないかと思っていたところ、なんと2回戦で横浜と履正社が対戦することになってしまった。結果は5-1で履正社が勝ち、優勝は履正社と思った矢先、3回戦で茨城の常総学院に7-4で敗けてしまった。
 それで優勝は常総と予想を変えたところ、今度は熊本の秀岳館に4-1で敗け、私の予想は全て外れることになった。
 そして何と決勝戦はその秀岳館を4-3で破った南北海道代表(札幌)の北海高校と栃木の作新学院の対戦になったのだから勝負は全く判らないものである。又それが高校野球の面白いところでもあろう。
 流石に北海は作新に破れはしたが、練習も十分出来ないであろう北海道代表がここまで頑張ったことは、北海道に縁のある私にとってうれしいことであった。
 夏も終わり、又来年が楽しみである。
(弁護士 阿部 長)

広告を非表示にする