読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

杜(MORI)の 四季だより

杜の都、仙台に事務所を構える弁護士法人杜協同の弁護士たちが綴るリレーエッセイ

充実した仙台修習

司法修習生

皆様、初めまして。

 伊藤敬文先生のもとで修習させて頂いている佐保貴大と申します。

 修習中は、毎日新たな発見があり充実した修習を送れているため、時間が経つのがとても早いです。気づけば1月5日から始まった弁護修習の半分が過ぎていました。
 実務について右も左も分からない状態で弁護修習が始まりましたが、伊藤敬文先生をはじめ、杜協同法律事務所の先生方は、私の質問に対して毎回丁寧に教えて下さるため、大変感謝しています。また、事務員の方々はいつも笑顔で対応して下さり、事務所全体がアットホームな雰囲気でとても居心地が良いです。
 私が依頼者であれば、とても信頼できる事務所だなと感じることと思います。

 話は変わりますが、私は修習が始まるまで東京にある実家で暮らしていたため、仙台での生活が初めての一人暮らしとなります。
 仙台には縁もゆかりもなかったので、大学やロースクールの先生方に仙台のことを聞くと、仙台は食べ物が美味しく、水も美味しいから日本酒も美味しく、緑も多くてとても住みやすい場所だと教えてもらい、仙台に来ることを楽しみにしていました。

 実際に仙台に来てみると、まさに聞いた通りの場所でした。牛タンは肉厚(東京では薄いものしか食べたことなかったです)、お寿司は新鮮(特に赤貝)、そして出汁のきいたせり鍋(仙台に来て初めて知りました)と仙台の食を堪能しています。仙台の地酒も飲みましたが、どれも美味しく、毎日飲みたいくらいです。

 また、新年の初詣は、塩釜神社に行きパワーチャージしてきました。この一年間は充実した年を過ごせそうです。
 まだまだ仙台での暮らしを堪能し尽くせていないので、何かおすすめがありましたら教えて頂ければと思います。

 最後になりますが、残りの弁護修習でも伊藤敬文先生の後ろ姿をしっかりと目に焼き付け、将来、自分も依頼者や後輩から尊敬される法曹となれるよう、日々研鑽していく所存です。これからも一日一日を大事にして修習に励みますので、今後とも宜しくお願い致します。
司法修習生 佐保貴大)

広告を非表示にする