杜(MORI)の 四季だより

杜の都、仙台に事務所を構える弁護士法人杜協同の弁護士たちが綴るリレーエッセイ

サーフィンの話

仙台に移り住んでからサーフィンを始めました。自分が乗るのはロングボードという3メートル近い長さのクラシックなサーフボードです。もともと山に囲まれて育ち、東京での大学やサラリーマンのときも海とは全く縁もゆかりもありませんが、もともと漠然と憧…

感謝・表彰式

去る5月29日、パレスホテル東京にて、日弁連第66回定期総会 感謝・表彰式があり、今年は被感謝者(前年度の日弁連副会長)のほか、在職50年、在職60年、在職70年及び100歳の会員の表彰が行われました。今年は阿部長先生が在職50年の表彰を受…

母校の桜めぐり~そして花より団子

今年の春の訪れは、杜の都仙台でも例年になく早いものでした。父の菩提寺である榴ヶ岡の徳泉寺で命日のお参りをした4月4日には、もう枝垂れ桜が満開でした。見事な枝振りです。 そして新学期を迎えた東北大学片平キャンパスのソメイヨシノの大木も4月11…

地元での修習

初めまして。杜協同法律事務所で研修させていただいております、司法修習生の渡辺拓也です。 今回、事務所のエッセーを担当するにあたって、何を書こうか悩みました。過去の修習生が書いたものを見ると仙台についての感想が多いように思いますが、私は宮城県…

「まさか」の「さか」再び? ~東北薬科大に医学部が~

さる2月3日の某紙に「東北薬科大‘四面楚歌’」との見出しで、同薬科大に医学部を設置するために設けられた運営協議会が当初から紛糾し、「生みの苦しみ」に直面していることを伝えていた。 もともと、同協議会の設置は、文部科学省が本年3月末とされる医学…

マラソン大会にて走る

昨秋、仙台弁護士会の有志でチームを組み、仙台リレーマラソンに参加しました。 私は学生時代に陸上部等に所属していたわけではなく、特別走るのが速いというわけでもないのですが、元々走ること自体は嫌いではありませんでした。とはいえ、マラソン大会に参…

昔の職場のOB・OG会に参加して

先日、弁護士となる前に勤務していた新日本製鐵のエンジニアリング事業の法務部署(現在では分社化し、かつ親会社の合併に伴い社名も変更)のOB・OG会が東京であり、出席してきました。 法科大学院に入学するために平成17年3月末で退社して以来ですの…

全国法曹サッカー静岡大会

今年も恒例の法曹サッカー大会が11月のはじめに行われました。東北連合チームは今年で6回目の出場です。今年は静岡での開催ということで、私にとっては初めての静岡滞在になりました。 この大会では基本的に初日の朝から試合が組まれるので、前日入りして…

東京での国際シンポジウム

10月から11月にかけては様々な民事訴訟をめぐる協議会やシンポジウムが開催されます。第1弾は10月23日の仙台地裁との医療訴訟意見交換会でした。当事務所からも4人の弁護士が出席し、私的意見書や争点整理に関する貴重な意見交換ができました。 翌…

「まさか」の「さか」~東北薬科大学に医学部が~

かねて東北に新設されると言われていた医学部が、東北薬科大に設置されることになったと8月29日付各紙が伝えている。 その前日頃から東北薬科大が有力らしいとの報道が流れ、私は「まさか」と思っていた。というのは村井知事主導のもと、宮城県が県立であ…

タブレットを仕事に活かす

私はタブレットユーザーです。今のものを使い始めて2年半ほど経ちます。使い始めたきっかけは、タブレットはスマートフォンと比べて画面が大きく、より仕事に役立てそうだと思ったからです。電波さえ入ればどこでもインターネットを見られるし、画像等のデ…

夏の到来

七月担当(7月1日更新予定)のはずの本エッセイですが、ネタ不足に悩んでいるうちに、気付けばいつのまにか海の日になってしまいました。 小中学生はもう夏休みですね。大人になると同じように休みをとれる訳ではないですが、弁護士の仕事はこの時期、裁判所…

剣道はじめました

定期的にサッカーの話題を書いていますが、私は高校卒業までは剣道をしていました。私の父が秋田県内の高校で剣道を教えていたこともあり、兄達が道場で剣道を習い始めました。そのとき私はまだ3歳で、母親に連れられて道場に行って遊んでいたのですが、両…

桜の木を巡り歩いて

今年は例年になく、たくさん桜を見る機会に恵まれました。 毎日裁判所へ向かうときに青葉山の方向を眺めるのですが、この季節はいたるところに桜色がさまざまなグラデュエーションで散りばめられており、普段気づかなかったところに、こんなにもたくさんの桜…

海と風と町と

あの忌まわしい大震災から3年が経つ。 先日、自宅で書類を整理していたら、一冊の写真集と古い新聞が出てきた。 写真集は、震災の年である2011年の10月1日付で「みやぎの思い出写真制作委員会」が震災からの一日も早い復興を願って発行した「海と風…

高校時代の同窓会

昨年末から今年の年始にかけて帰省した際に、高校時代の同窓会に参加してきました。同窓会は去年から始まっており、今年は2回目でした。 この同窓会は、学校を巻き込んだ公式なものではなく、地元の友人が中心となって周囲に声をかけた上で開かれているもの…

老人福祉施設セミナーのご報告

本年2月上旬、当事務所主催で、老人福祉施設の役職員を対象としたセミナーを開催致しました。セミナーは二部構成で、前半部分は関田康慶東北福祉大学教授(東北大学名誉教授)に「老人福祉施設の安全管理体制の構築」をテーマにご講演頂き、後半部分で私が…

仙台での修習

この日誌を読んでいる方、こんにちは。 佐藤裕一先生の事務所で弁護修習させていただいております黒金一と申します。 今年の11月27日から弁護修習が始まり、はや3週間が経過したわけですが、毎日毎日が真新しいことの連続でとても新鮮な気持ちで学ばせ…

全国法曹サッカー福岡大会

11月のはじめ、例年のとおり法曹サッカー全国大会が福岡で行われました。私が所属する東北連合チームは今年で5回目の出場です。弁護士人口の増加に伴い東北連合チームにも若手が加入、私も中堅くらいになりました。初戦必勝を胸に臨んだ今大会、初戦神戸1チ…

アルコールに強いタイプですから

毎年秋に弁護士会の健康診断があります。入会以来約30年間対がん協会の検診センターで受診しており、健康な生活を見直す良い機会になっています。今年も9月中旬に受診し、2週間位して結果通知書が届きました。毎年開けてみるときはドキドキなのですが、…

楽天の優勝

東北楽天がプロ野球パ・リーグで球団創設9年目で悲願の初優勝を果たした。地元仙台に住む者として喜ばしい限りである。 仙台弁護士会にも野球部があって、日弁連の野球大会でも大活躍している様であるが、昭和1桁生まれの私の子供の頃は、野球がスポーツの…

味噌カレー牛乳ラーメン

みなさんは、「青森のB級グルメは何?」と聞かれると、何を思い浮かべるでしょうか。B-1グランプリに参戦していることで有名なのは八戸せんべい汁や黒石つゆ焼きそばですが、青森市発祥のB級グルメで、実はこんなものがあるのです。 「味噌カレー牛乳ラ…

ネットのおそろしさ

仕事上も私生活上もインターネットを使う機会は大変多くあります。仕事上では依頼者や顧問先の皆さまとメールを通じてやりとりを行うことも多いですし、現在では判例や法律雑誌もインターネットを通じて検索・閲覧します。最近は、弁護士の商売道具である「…

一本立ち

昨年夏に娘が生まれました。それまでは妻と2人の生活だったので食事に行ったり旅行に行ったり、自分達の好きなように生活していましたが、生まれてからは一変しました。昼間はだっこしていないと泣きますし(私は仕事ですが)、夜は数時間おきに泣きます(…

小さな愛すべきものたち~ミントとガーデニング~

弁護士の仕事はトラブルに囲まれた、いわばストレスの坩堝ですので、上手に気分転換をすることが必要です。お酒もその有用なツールです。ひと仕事終わり、家に帰って橫田屋の塩辛で一ノ蔵の冷酒を一杯やると、気持ちが「ふうっと」解放されるのを実感します…

震災と復興-人口減に対応して

悪夢のような東日本大震災から満2年が経過した。しかし、被災地の復興は未だしである。そこに追い打ちをかけるような報道が先日行われた。国立社会保障・人口問題研究会が発表した2040年までの将来人口の推計である。 少子高齢化が叫ばれて久しいが、2…

温泉の神と餃子の神

ある休日の午後のこと、家で掃除をしていた際、突然私に温泉の神と餃子の神が降りてきました。そして、二人の神はそれぞれ私に「温泉に行きなさい。」「餃子を食べなさい。」と告げました。神のお告げに素直に従うことにした私が向かった先はというと・・・…

金融円滑化法の終了と事業再生

今年の1月下旬、東京で開催された、ある研究・出版団体主催の中小企業の事業再生に関する研修会に参加してきました。この研修会は5日間連続の講座で、1日目から3日目までは、中小企業金融の実態、事業再生の法制度・税制度についての講義、4日目と5日…

県リーグ昇格!

何度かこの「事務所の四季」で書いていますが、私はサッカーをしています。司法修習時代に修習地である福島の検察庁の方に誘ってもらい、本格的にやるようになりました。弁護士になってからは、仙台弁護士会、さらには東北の各弁護士会から参加者を募ってチ…

柿の木のある風景

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。 正月の果物といえばミカンでしょうが、干し柿は年取りの膳に並んだり正月のお供え物になったりしますから、柿の話題もまったく季節はずれではないでしょう。最近出た坪内 稔典さんの「…